リード

リード

愛犬との散歩に欠かせないのが犬用リードです。散歩の時はもちろん、アウトドアシーンで愛犬の行動範囲を制限したい時や、車に乗せる時など、さまざまな場面で使います。

リードを選ぶ時に、さまざまなタイプが売っているので、どれを選べば良いのか迷いますよね。

どんな種類があるのかみていきましょう。

リードの選び方

スタンダードリード

定番のスタンダードリードは、犬種を問わず使用できるタイプです。1m台の適度な長さで飼い主の意思を伝えやすいので、リードコントロールも容易に行えます。

定番アイテムのため、品数が多く、デザインも豊富です。ナイロンテープやロープ、革などいろんな素材があります。たくさんのデザインや素材の中からお好みのものを選ぶといいですね。

子犬の場合は、リードにまだ慣れていないため噛んでしまうこともあるので、丈夫で軽いナイロンやロープ状のリードにすると良いでしょう。

フレキシブルリード

フレキシブルリードは、伸縮性のある犬用リードで、長さを自由に調整できます。

プラスチック製の大きめの持ち手に、スイッチひとつで自動的に巻き取ってリードを収納できる便利な作りとなっています。

巻き取り式のため若干重さがありますが、リードを綺麗に片づけることができるため、かさばらずスッキリと収納できます。

トレーニングリード

トレーニングリードとはロングリードとも呼ばれ、しつけをする時に使用する犬用リードです。3mから長いものなら30mを超えるものまで幅広い長さのものが揃っています。

コントロールが難しいため、普段の散歩での使用には不向きです。犬に物を取りに行かせるなど、呼び戻し訓練をするときに便利です。

海や山などのアウトドアで遊ばせる時や、広い場所で走らせる時などにおすすめです。また、動きが予測できない子犬などに、自宅での行動範囲を制御したい時にも活用できます。

屋外で使用する場合は、大きくて見通しの良い公園や、他の人や動物がいない場所で使用しましょう。

マルチファンクションリード

マルチファンクションリードとは、さまざまな機能を持ち合わせた犬用リードになります。長さ調節が可能なのに加え、たすきがけや腰がけができるタイプもあれば、ハンズフリー仕様にもなるため便利です。

多頭飼いしている場合は2頭引きも可能です。一時的に愛犬を繋いでおくためのループも作れます。多機能なマルチファンクションリードは、愛犬を連れて街などに出かけることが多い方におすすめです。

リードの素材

布製

布製のリードは、カラーとデザインが豊富で、比較的に安価で購入しやすいメリットがあります。汚れても洗濯できるものが多いので、お手入れが楽です。

ナイロン製

ナイロン製のリードは、丈夫なのがメリットです。大型犬や力強い犬種はもちろん、頻繁に動き回る小型面など犬種を問わず使える万能です。雨や泥で汚れても、お手入れが楽なので重宝します。

ナイロンは劣化しにくい素材で、長く愛用できるのもポイントです。デメリットとしては、静電気が起きやすいので冬場は注意が必要です。

革製

革製のリードは、見た目の高級感にしっとりとした手触りが特徴です。洗練された印象を与えるので、おしゃれを重視したい方やお出かけ用にオススメです。使い込むほど味わいが出るのが革製の魅力です。

デメリットとしては、本革は雨や汚れに弱いため、晴れた日の外出に使うことをお勧めします。

金属製

金属製のリードは、ものをかじるクセのある犬に使用すると良いでしょう。

見た目がワイルドで、エッジの効いたデザインも魅力ですね。丈夫ではありますが、デメリットとしては、重さがあるのでリードコントロールの際には注意が必要です。また、水濡れなどで錆びる可能性もあり、金属アレルギーがある方や愛犬は使用するのは避けた方がいいでしょう。

我が家では以前はフレキシブルリードを使っていましたが壊れたためスタンダードにしました😄どちらも使ってみてよかったですが、アンティークな感じを選びました。フレキシブルリードはデザインがスポーティな感じが多いので、スポーツスタイルが好きな方におすすめです☺️

我が家のリードはこれ👇

出典:SAKIDORI

https://sakidori.co/article/660987

コメント